【親を大切にするのは、なぜ・・?】

 

こんにちは。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

 

こころを最適化するお手伝いをしている寺石義和です。

今朝のこころのお天気は如何でしたか?

 

 

昨日の雨模様からあがって曇り空となった船橋市です。

みなさんのところでは如何だったでしょうか?

 

 

 

今日は母の日ですね。

みなさんはお母さんに日ごろの感謝をこめて、

何をしますか?

 

 

遠方なら電話、あるいははがきや手紙を書く?

実家に帰って、プレゼントを渡す?

などなど、いろいろあると思います。

 

私はこれから実家に

嫁さんチョイスのチーズケーキを持って、いろいろな話をしてきます。

 
———————

 

 

それでは、今日のメッセージ、

 

 

【親を大切にするのは、なぜ・・?】

 

 

今日は母の日ということで、親について。

 

 

親孝行という言葉がありますが、

そもそも親孝行いたり、尊敬するのは何ででしょう?

 

考えたことありますか?

 

普通はないですよね?

 

 

ただ、親だから。

それでいいんです。

 

 

さらに一歩踏み込んでみましょう。

 

 

親孝行したり、尊敬したり、大切にするのって、

親を愛していることはもちろんそうですが、

親が偉いから親孝行するのでしょうか?

 

 

例えば、

親が会社の重役、社長だから、親孝行するのでしょうか?

親が大学の教授だから親孝行するのでしょうか?

親が政治家だから親孝行するのでしょうか?

 

 

そうではないですよね?

 

 

では、

親が強いからでしょうか?

 

 

強くても弱くても関係ないですよね?

 

 

命のもと、根元だから、

つまり、

あなた自身の命であるからではないでしょうか?

 

 

もし、

ご両親が一緒になっていなければ、

今のあなたはこの世に存在しなかった訳です。

 

 

私たちの身体は

半分は父親、半分は母親からできています。

 

 

だから、

自分を大切にしていないということは、

両親を大切にしていないというところにつながります。

 

 

解釈にもなりますが、

そう思うと、何か感じたり、新たな思いって出てきませんか?

 

 

本来なら、

常にこうしたことを思っている、

土台にあるのが良いのでしょうし、

そうでないと、こころの平和を見失ってしまいます。

 

 

時として忘れてしまうのが私たち、人です。

そういう意味からも、

母の日(6月の父の日)という日を設けて、

忘れないようにしてくれてるんだろうと思うんです。

 

 

そう思えると、

改めて、今日に感謝、

親に感謝という思いや感情が湧き上がってきませんか?

 

———

 

私は昔、両親に対して全く尊敬していませんでした。

むしろ、軽蔑していました。

尊敬しない、軽蔑すると決断したことがありました。

 

高校卒業後に当時のクラスメイトはみんな、

浪人して東京に下宿して予備校に通うと決めていました。

 

もちろん、彼らは自分の両親に頼んで、

みんなそうしていました。

私も同様に、話しをして、当然了承してもらえると思っていたら・・、

それはできないと言われ、『お金がないから働いてくれ』と言われました。

 

私はこの時ほど、

挫折感と親に対する情けなさ、怒り、

悲しみを持ったことはありませんでした。

その時からです。

両親に対する見方が変わったのは・・・。

 

そこで、

私は両親に

『わかった、もういい! 

自分で働いてお金も何もかも面倒な見てもらわない。

東京で1人で暮らす! 

もう、あなたたちは尊敬しない、軽蔑する!』と言って

東京で下宿生活をしながら働き、学費をためる生活が始まりました。

 


その当時を思い出すと、

毎日人生、悔しい思いでしたね。

人も信用できず、所詮1人、だけど、さみしい・・。

 

特に下宿生活だったので、

みんな集まっているところに自分は仕事で集まれない。

『自分だけ蚊帳の外だ』という被害者意識が

とても強くなっていったんです。

 

でも、何としてもお金をためなければ・・。

お金がすべてになっていました。

また、気を紛らわすのもお金のおかげでした。

お金さまさまという感じだったんです。

 

 

今思うと、かなり力が入っていて、

しかもプラスではなく、マイナス的な力です。

これでは、疲弊していきますよね?

実際、疲弊していきました。

 

何をするにも、

『お金が無くなったらどうしよう・・・?』

 

そんな思いがくっついていましたから、

楽しいことをしていても、こころの底から楽しめていなかったですね。

 

 

『今、ここ』にいないんですから・・。

 

 

この続きは、またの機会にお伝えできればと思っています。

 

 

話を元に戻すと、

こうしたことも私にしかできない体験です。

あなたにはあなたにしかできない体験、

みなさんそれぞれに体験があります。

良かった体験も、辛かった体験もあると思うんです。

 

 

でも、

それができたのもご両親がいるおかげです。

余計な体験と思うこともあるかもしれませんが、

そうした体験は、捉え方が変われば、必ず感謝できます。

今日1日だけでも、感謝の気持ちでご両親と対話してみませんか?

それは、生きていてもいらっしゃらなくても・・。

お祈りすれば、通じますよ。

 

というわけで、これから実家に行ってきます。

 

 

 

*人間関係やお金に関するショートセミナーでもこうしたお話をしようと思っています。

 

 

 

■ 心技体バランスアップメール ■

■ みなさんの周りの方でメルマガを紹介したら役立つという方が    

いらっしゃいましたら、是非、ご紹介してあげてください。

 

 

 

 

■ 今回の内容は如何でしたか?

少しでもあなたのお役に立てたら嬉しいです。

感想や応援、質問や気づきなど何でも良いので贈って下さいね~。

とても喜びます。

https://www.form-answer.com/applications/WKX6D

 

 

■ また、このブログの読者登録もしていただけたら嬉しいです。

画面右側に登録欄があります。そちらから。

 

 

—-『こころの最適化』とは—-

 

 

私の言う『こころの最適化』とは、

あなたが持っていないものを

新たに手にして改善して行くというのではなく、

本来、持っているものを引き出すことです。

ちょうど

引き出しの奥にしまい込んでいた大切なものが

目に見えなくなってわからなくなってしまった状態から、

しまった場所を思い出してもらって、また目に届くところに置いてもらい、

いつでも使えるようにするイメージです。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

この後もこころの最適化を図って素敵なお時間となりますように。

 

 

 

 

こころを最適化する心理セラピー 寺石義和

フォローしていただけたらとても嬉しいです。
0
カテゴリー: 何のために?, 在り方, 意識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です