【なぜ「間違った目標」を設定してしまうのか?】

 

こんにちは。

 

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。

 

サムライセラピーでこころを最適化するお手伝いをしている寺石義和です。

 

 

秋雨の朝、かなり涼しいですね?

いかがお過ごしですか?

 

———————————

 

—-【お知らせ】—-

 

残席8名

9月も引き続き

 

 メルマガ読者の方限定で10名様まで

 

 体験セッションを受付けています。

(対面でも、スカイプでも可能です。)

 

 

 

悩んで苦しんでいるようでしたら、より良い9月からのスタートを目指して。

 

 早めにセッションを受けて、夏ももうすぐ終わります。

 

   

詳しくはこちらから。

     

⇒ http://ameblo.jp/tensetsu5/entry-12176198741.html

 


お申込みはこちらから。

 

 ⇒ https://www.form-answer.com/applications/BN3MN

 

 

是非、このチャンスを活かしてくださいね。


 


それでは、今日のメッセージ、

        

         

なぜ「間違った目標」を設定してしまうのか?

           

 

今回は、前回に続き、目標設定についてお届けします。

           

なぜ、『間違った目標』を設定してしまうのでしょうか?

         

これにはいろいろあります。

        
大きく分けると3つです。

     

1つには、気づいているにも関わらず、間違ってしまう。

2つには、何となく気づいているが、間違えてしまう。

3つには、全く気づいていないうちに、間違えてしまう。
        

 

という見方です。

その見方で進めていくと、

気づいている〇〇、何となく気づいている〇〇、全く気づいていない〇〇、

この〇〇には何が入るでしょうか・・・?

『〇〇』=『思い』 です。

     

つまり、

『気づいている思い(込み)』、『何となく気づいている思い(込み)』、

『全く気づいていない思い(込み)』です。

『気づいている思い(込み)』の程度です。

 

 

 

特に、『思い込み』の中で、関係してくるのは、

『(何かができる自分には価値があるが、)<ありのままの自分>には価値がない』という

自分を制限してしまう思い込みがあると、

先に挙げた1~3つの程度によりますが、

『自分には価値がない』ということを覆い隠すために目標設定をしてしまいます。

 

 

そして、

その目標設定を達成するために頑張り続けると、

『作り上げた自分』、いわゆる、『見せかけの自分』と、

『自分には価値がない』という思い込みを強化してしまいます。

 

 

これを知らないコーチングを受けてしまうと、

苦しい結果の末、達成もできなくなってしまい、

更に『自分はダメだ!価値がない』という思いを強くしてしまいます。

(コーチングを否定しているのではありませんので、誤解のないように!)

 



また、逆にクライアントさんの中には、

このようなことを知っていて、できない言い訳の理由にする方もいます。

そこは、丁寧に見ていく必要があります。

 

例をあげてみましょう。

 

例 1 

目標設定の傾向  何でも完璧にやろうとする。

 

起こりやすい問題】 失敗が怖くて、慎重になりすぎる。・・・結果、行動、アクションできなくなる。

 

 制限している思い込み 『私は常に完璧でなければならない。もし完璧でなければ、私には価値が無い。                      

ある条件下では価値があるが、それ以外では価値が無い

   

  

例 2 

目標設定の傾向 (過剰に)人を喜ばせようとする(人に機嫌を取ろうとする)。

 

起こりやすい問題】 人から期待されると断れない。疲れ果てるまで(あるいは疲れ果てても)仕事を頑張りすぎてしまう。

   

制限している思い込み 『私は人を喜ばせなければならない。もし喜ばせられなければ、私には価値が無い。

 

 

例 3 

目標設定の傾向】 (過剰に)人の役に立とうとする。

 

 

起こりやすい問題 常に人から愛されていないと、自分には価値が無い気がして不安になる。落ち込む。

 

【制限している思い込み】 『私は人の役に立たなければならない。もし人の役に立たなければ、私には価値が無い。』


  

例 4  

【目標設定の傾向】 誰にでも、何事においても人に勝とうとする(極端な負けず嫌い)。

      

【起こりやすい問題】 人と比較されると、競争意識が過剰に出てしまうので、人間関係に問題を生じやすい。

      

【制限している思い込み】 『私は人に勝たなければならない。もし人に勝たなければ、私には価値が無い。』


     
こうしたことが例としてあります。

 

 

 

 

前回に続き再度、お伝えします。

 


目標を決めてみて、

気持ちが『ワクワク』、『嬉しい』、『楽しい』と思えるようなものかどうか?

決めた時に、本当にこころの底から欲するものかどうか?

     

もし、目標を設定しても、

それが、本当にこころの底から欲していないと、

こころはその目標を拒否してしまいます。

      

もちろん、最初からこのように行かない場合もありますが、

そういう時はやっていきながら、見つかってくることもあります。

       

ただ、どんなに『ワクワク』する目標であっても、

取り組んでいる最中に、気持ちや思いが抵抗する時は出てきます。

       

    
そんな時、決めた目標を達成した自分と、目の前の辛いことをする時とを比べてみて

達成した自分や、ワクワク感が勝っているかどうか?

      

それは、アタマで考えるというより、

身体の感覚に意識を向けてみると解りやすいかもしれません。

     


いわば、初心にかえるということです。

 

言葉だけにとらわれるのではなく、

そこに乗ってるエネルギー、身体の感覚や感情、思いを見つめてみることが大切です。

その時に感じたものを見つめて行かないと、却って逆効果です。

 


『情熱を持った人になれ!』というのも、不自然です。

『情熱』は頑張って出すものではなく、自然に湧き上がってくるものです。

そういう目標を見つけることが大切です。

       

『こころやハート、魂が喜ぶ目的、目標』が見つかれば、

『集中力』や『忍耐力』、『情熱』は自然に出てきます。

 

          

 

言い換えれば、

みなさん本来持っているということです。

 



 

あなたはは如何ですか?

 


一度、振り返ってみては如何でしょうか?

 

 

 

『今のあなたの生き方や決めた目標は、自分で選んだものでしょうか? 


それとも、他人に選んでもらったものでしょうか?』

 

       

自分の意思で選んだ生き方でなければ、やる気が出ないのは当然です。


       

あなたは自分の人生を生きていますか?

 

9月も、もう6日、

目標を立ててみたけど、何かしっくりしないといった場合、

このタイミングで是非、見つめ直してみては如何でしょうか?

体験セッションで、このような目標を立てることに

活かすことも1つの方法です。



お申込みはこちらから。

 ⇒ https://www.form-answer.com/applications/BN3MN

 

 是非、このチャンスを活かしてくださいね。

 

 

———————————————————————————————

■ 心技体バランスアップメール 

 

■ あなたの周りの方でメルマガを紹介したら役立つという方が
    
いらっしゃいましたら、是非、ご紹介してあげてください。

 

 

 

登録は下記のURLをクリック

⇒ http://heartoptimization.com/neo/usrctrl.php?pg=51vh

 

 

—————————————–


■ 
今回の内容は如何でしたか?

 

少しでもお役に立てたかな?

感想や応援、質問や気づきなど何でも良いので贈って下さいね~。

とても喜びます。

https://www.form-answer.com/applications/WKX6D

 

 

—-『こころの最適化』とは—-

 

 

私の言う『こころの最適化』とは、

 

あなたが持っていないものを

 

新たに手にして改善して行くというのではなく、

 

本来、持っているものを引き出すことです。

 

ちょうど

 

引き出しの奥にしまい込んでいた大切なものが

 

目に見えなくなってわからなくなってしまった状態から、

 

しまった場所を思い出してもらって、また目に届くところに置いてもらい、

 

いつでも使えるようにするイメージです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 この後もこころの最適化を図って素敵なお時間となりますように。

 

 

サムライセラピーでこころを最適化する 寺石義和

 

フォローしていただけたらとても嬉しいです。
0
カテゴリー: 何のために?, 思い込み, 意識, 自己価値 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です