Profile

寺 石 義 和(Yoshikazu Teraishi)

1966年1月16日生まれ

心理カウンセラー・セラピスト            

マイケル・ボルダック認定コーチ

EFT(感情解放テクニック)プラクティショナー 

MR(マトリックス・リインプリンティング)プラクティショナー         RFT(レジスタントフリーダムセラピー)プラクティショナー

新陰流兵法転(まろばし)会 剣術・杖術師範                   合気道本部道場3段                               歯科技工士国家資格

文京区倫理法人会監査 東京都レクチャラー

東京都墨田区出身。                               千葉県立大多喜高等学校卒業後、高輪プリンスホテル勤務を経て24歳にて東京医科歯科大学歯学部付属歯科技工士学校入学(現東京医科歯科大学歯学部)。

歯科技工士国家試験合格し、歯科医院に勤務、義歯やクラウンブリッジといった補綴物作成。

循環器業界に転身し、循環器専門業者に入社、その後、メーカーにスカウトされ、外資系循環器メーカーに。

ペースメーカー、ICD(植込み型除細動器)、CRTD(心室再同期機能付き除細動器)の手術や不整脈治療(電気生理検査や経皮的心筋焼灼術=アブレーション)に立ち会う。

延べ2000件の手術に立ち会い、5000件以上の検査に立ち会う。患者さんに合わせた設定を医師に提案し、QOL(Quality Of  Life)の向上に努める。

都内をはじめ、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨、長野、愛知、岐阜、三重、静岡、福井、石川、富山での各総合病院や個人病院をサポート。売り上げは1年で1億8000万円を越えたこともあった。そして営業からテクニカルサポート専門になり、更なるQOLの向上に努める。

循環器、特に不整脈や心不全に関するスキルを向上に努めていたが、検査時に患者さんから『気ペースメーカーを入れて生きながらえても人生楽しくない。』、『生きていても仕方がない。』という生の声を聴いて、改めて自分の仕事について見つめ直す。

世界のトップコーチ、マイケル・ボルダック氏から目標達成のスキルとコーチングを、サイコセラピストの棚田克彦氏から、実用性のある心理学と効果的なセラピーを直接学び、 ヒーリングカウンセラー、溝口あゆか氏からホリスティックなカウンセリング・    セラピー、現場主義の心理学を直接学び、2014年9月にはロンドンにある     ホリスティックヒーリングカレッジにて学ぶ。 15年ほど関わっていた循環器業界からこころの世界へ。 心臓のハートからこころのハートへ転身。

『生活の現場で実際に役にたつ』、メンタル(心)・テクニカル(技)・       フィジカル(体)を、クライアントさんに合わせて組み合わせて取り入れた提案が得意。

特に今では人生の半分と関わってきている合気道と新陰流剣術で学んだこととカウンセリングやセラピー、この世界での原理原則を融合しセッションに取り入れ、クライアントにあわせて提供する 『こころを最適化する心理セラピー』 で、人間関係の改善や自己革新に成果を出すクライアントが続出している。

また、身体には自覚症状があって病院に行って検査をしても問題ないと言われた方へのセッションで解決できた方も増えてきている。

現在は、日本国内をはじめ世界のクライアントとともに、幸せに成功するために日々研究中。

両国のカフェスタイルオフィス「ゆかふぇ」にて、カウンセリング、セラピー、コーチングを行っている。

 

『じっくりと、丁寧に、まごころ込めて』

『人はいつからでもどこででも変われる』

『全ては良くなるようにできている』

が信条。

 

趣味は新陰流、合気道、美術、鉄道、旅行