特定の恐怖症・・その1


◆ 特定の恐怖症って・・・?


動物(ヘビ)、鳥、昆虫、高所、雷、飛行、閉所、

血液、注射、歯科や病院、トンネル、

橋、鋭利な刃物などのような特定のものを見たり、想像したりするととても恐くなり

苦しんだり、辛くなったりしてしまいます。

そうならないように見ないようにしたり、想像しないようにしたりすることで、

苦しみや辛さを避けます。

ですが、このようにしていると日常生活に不都合が生じてしまいます。

この不都合を生じている状態が特定の恐怖症です。

 


◆ よく発症する年代は・・・?


データによると、よく発症する年代(好発年代)は

小児期と20歳代半ばにあると言われています。



また、特定の恐怖症は、精神的な病気の中で最も頻度が高く、

一生涯のうちに10~13%がかかるという報告もあります。




しかし、恐怖症の対象は、

ある特定のものや状況だけですので、それらを避ければ日常生活を

何とか送れる場合も多く、治療を必要とするほどの重症例はまれです。


男女別でみると、女性が多く、

特に、動物型、自然の力型、状況性の型では、その75~90%が女性です。




また、高所恐怖や流血・注射・外傷の型ではやや女性が少なく、

全体の55~70%を占めています。




なお、特定の恐怖症に女性が多い理由の1つに、

世界じゅうの殆んどの社会が男性が恐怖や恐怖症に

ついて述べる事を良しとしていないためではないか?という説もあります。




            



 ◆ どんな症状があるの・・?


特定の恐怖症では、ある特定の対象や状況にさらされたり、

あるいはイメージするだけで、

著しい恐怖感が出現し、時にはパニック発作を起こす事もよくあります。




また、流血・注射・外傷の型は血管運動性失神(急に血圧が低下し倒れてしまう)、

いわゆる 「脳貧血」 が約75%の人で見られます。




患者さんは、この恐怖が行き過ぎたもので理屈に合わないことがわかっていますが、

自分ではどうする事もできません。

(『わかっちゃいるけど辞められない』 ってやつですね。)




このため、特定の対象や状況を避けるようになってしまいます




その結果、例えば、高所恐怖のために、2階以上のホテルには泊まれない、

橋を渡れず会社に行けない等、

日常生活に重大な支障をきたすようなこともあります。
 



///まとめると下記のようになります。///


 


◇ 病 型(どんなタイプがあるの・・?)   

・ 動物型  

・ 自然の力型  

・ 流血・注射・外傷の型  

・ 状況性の型  
      
・ その他の型



◇ 恐怖の対象(どんなものに対して反応するのか?)  

・ クモ、昆虫、ヘビ、ゴキブリ   

・ 雷、嵐、水、高所などの自然環境

・ 血液、けがを見たり、注射等の医学的処置を受けること

・ エレベーター、トンネル、橋、自動車の運転、閉所、 

  病院などの特定の状況や場所


◇ 特徴  

・ 動物型・・・通常小児期に発症

・ 自然の力型・・・通常小児期に発症

・ 流血・注射・外傷の型・・・家族内で発症が多い。血管運動性失神を起こす事が多い

・ 状況性の型・・・小児期と20代半ばでの発症が多い

      
 


このような症状、主訴でお悩みの方、セラピーで症状の改善、軽減は可能です。

ただし、セラピーは治療ではありませんので、

薬を服用の方、病院に行かれてる方は医師にご相談ください。