こころの最適化,  つながり,  在り方,  夫婦,  思い込み,  意識,  自己価値

【『あなたのこれまでの生き方は、〇? それとも△?』・・その2】

こんにちは。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

サムライセラピーでこころを最適化するお手伝いをしている寺石義和です。


今年も残すところ、今日を入れてあと2日ですね。




お天気にも恵まれました。










----【お知らせ】----


■【5名様】


1月も引き続き5名様まで

体験セッションを受付中です。

(対面でも、スカイプでも可能です。)

悩んで苦しんでいるようでしたら、新年のスタートとして。



詳しくはこちらから。

⇒  『サムライセラピーでこころを最適化する』体験セッション

  


お申込みはこちらから。



 ⇒ https://www.form-answer.com/applications/BN3MN

 

 是非、このチャンスを活かしてくださいね。




——————————–


それでは、今日のメッセージ、



『あなたのこれまでの生き方は、〇?


  それとも△?』・・その2


前回は、


稽古を通じて、日常での暮らしがどのような感じなのか?

ジャッジするのではなく、自己探究という意味での見つめてみました。



一連の動作をしている中で、


連続動作をしている際に、


1つの動作が終わったところで、ふっと力が抜けたり、


そこで動作を止めてしまうことを確かめて、


具体的に稽古での例を挙げると、


当たった瞬間に気持ちが緩むと、そこで一瞬動きが止まります。




それとは反対に、


当たった瞬間も関係なく気が抜けず、最後まで振り抜いたり、


振り切ると、受ける方は重みをものすごく感じます。




相手の刀の軌道はズレません。


この違いって何でしょうか・・?



例えば、


ひと段落、一区切りがついたところで安心してしまって気が緩む。


当たった瞬間、


申し訳ないと罪悪感(のような感じ)を思って遠慮してしまう。


段階によっては、1つやったら次にどうすれば良いのか?


考えられない、考えるとアタマが真っ白になってしまう。

これで良いのか?正しいのか間違ってるのか?


相手の顔を伺ってしまう。




普段はお休みできないお店を経営している


あるご夫婦の日常会話での模様を例に挙げました。


その中でどうしても


所要があって3日間休まなければならなず、


友人やご近所の方もお手伝いできない状況でした。

友人やご近所さんにお願いしてお店番をお願いしていました。





しかし、その3日間は誰も店番をしてくれる人が見つかりませんでした。

仕方なく、妻が夫にこんなことを言います。


妻:今度の連休、お店をおやすみしてもいいですか?

夫:休まない約束だから、ダメだ。

妻:わかりました。




また、数日後、


妻が夫に言いました。


妻:今度の連休、お店をお休みしてもいいですか?


夫:前にも言った通り、ダメだ!


妻:はい、わかりました。




また、ある程度時間がたってから、妻が夫に言いました。




妻:今度の連休、お店をお休みしてもいいですか?


夫:何度同じことを言わせるんだ?勝手にしろ!!


妻:はい、わかりました。




こうして、妻は3連休の当日、お店をお休みすることができました。

こんなお話です。




ここで何が言いたいのかと言うと、

妻は、同じことを何度も何度も懲りずに繰り返し尋ねていました。



それに対し、夫は何度も聞かれる妻に対して、


前にも言ったと念を押しながら言っています。




これって、実はその人の人生観が出ているんです。

それは・・・?



今回のメッセージテーマでもある


〇の生き方、人生なのか?




それとも△の生き方、人生なのか?


答えを言うと、


〇=点、△=線です。




点の生き方、人生なのか?



線の生き方、人生なのか?




ということです。





どういうことかと言うと、


点の生き方というのは、文字通り、


点ですので、その場、その時ということ、


いわゆる『今ここ』という生き方です。

上記の夫婦の会話で、


奥さんは、何度も何度も同じことを繰り返して


夫に聞いていましたね?



過去のことは顧みてないんです。




一方の、夫の方は、


奥さんから同じことを何度も聞かれて、


過去に奥さんが聞いたことを繰り返し言ってい、


ダメだと言っていました。






つまり、過去から現在という、線の意識だということです。




ですから、奥さんは


過去に(聞いたことに関係なく)こだわりなく、


何度も何度も同じことを夫に聞いて


『勝手にしろ!』と言われて、休めることになりました。


この場合、どちらが良い、悪いではありません。






稽古の例に戻ると、


点の意識の場合、


当たった瞬間に気持ちがふっと緩みがちです。


線の意識の方が、緩まずにずっしりとくる感じがあります。




もちろん、全員ではありませんが、


ここは意識の持ち方なんだと思います。




稽古の場合は線の方が


重みもあるので、良いのかもしれません。





普段の会話や動作などをご自身で振り返ってみると


『点』が多いでしょうか?


それとも、『線』が多いでしょうか?

何かの時に、意識してみてください。

今までに気づかなかった自分と出会えるかも知れませんよ。






今回のようにお役に立てたら嬉しいです。

それが、『こころを最適化する』ことでもあります。


体験セッションに関する内容は下記からどうぞ。



詳しくはこちらから。

⇒  『サムライセラピーでこころを最適化する』体験セッション


お申込みはこちらから。


 ⇒ https://www.form-answer.com/applications/BN3MN

—————————————–

■ 今回の内容は如何でしたか?


少しでもお役に立てたかな?


感想や応援、質問や気づきなど何でも良いので贈って下さいね~。


とても喜びます。


https://www.form-answer.com/applications/WKX6D


———————————————————————————————




■ 心技体バランスアップメール 



■ あなたの周りの方で


メルマガを紹介したら役立つという方が



いらっしゃいましたら、


是非、ご紹介してあげてください。









登録は下記のURLをクリック



⇒ http://heartoptimization.com/neo/usrctrl.php?pg=51vh

—-『こころの最適化』とは—-


                

私の言う『こころの最適化』とは、

あなたが持っていないものを

新たに手にして改善して行くというのではなく、

本来、持っているものを引き出すことです。

ちょうど

引き出しの奥にしまい込んでいた大切なものが

目に見えなくなってわからなくなってしまった状態から、

しまった場所を思い出してもらって、また目に届くところに置いてもらい、

いつでも使えるようにするイメージです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この後もこころの最適化を図って素敵なお時間となりますように。



        


サムライセラピーでこころを最適化する 寺石義和

 

こちらも読まれています。    【 嫁さんの心のフタが外れて(旦那目線シリーズ)・・その3 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です